アルコール依存症とAC

自分を過小評価しないで、また過大評価することなく、ありのままの自分を受け入れてくださいますように宜しくお願いします

お酒を飲む夢は飲酒欲求のあらわれか?

おはようございます

 

新しい恵みの朝をありがとうございます

 

お酒辞めた1年間はよく「お酒を飲む夢」を見てました

 

飲酒欲求はないつもりの筈ですが

 

「夢は正直」と言うので、飲酒欲求がないというのは嘘で

 

心の奥底では本当は飲みたがっていると

 

自分自身を疑い、お酒を飲んだ夢を見た朝は

 

罪責感に苛まれました

 

そして自分自身が悔しかった

 

「俺は今度こそ本当に酒を辞めたんだ。そして生まれ変わったのだ」

 

と心の中では何度も自分に言い聞かしておきながら、本当は酒を飲みたがっている自分が嫌になったのです

 

僕の親友が同じアル中で、僕よりも一年後にお酒を辞めたのですが、お酒を飲む夢は見ないのです

 

彼は自助グループには通ってないのです

 

でも僕は通ってました

 

「先にお酒を辞めて自助グループに通っている自分の方が、僕より後にお酒を辞めて自助グループに通っていない人よりも回復が遅れているのか」

 

それが堪らなく悔しかった

 

何の為に自助グループに通っているのか意味が分からなくなってしまったのです

 

悔しさを胸に、入院中にお世話になった主治医(アルコール専門病院の院長)に相談しました

 

そしたら以外な説明でびっくりしました

 

「断酒直後によくお酒を飲む夢に関しての相談はよく受けています」

 

「〇〇〇〇さん、夢というのは『自分と変えたい、未熟な自分を切り捨てたい』願望が夢となって出てくることはあります」

 

「お酒飲む夢は恐らく、どの部分に問題があり方向を変えるのかを過去に遡ってフィードバックすることがあるのです」

 

「それとお酒を飲む夢を見たからと言って、その後に飲酒したという話は全くと言っていいほどありません。だからお酒を飲む夢が必ずしも飲酒欲求のあらわれではないのですよ」

 

僕はこの言葉で悩みが一気に吹き飛んだ

 

確かに実際にお酒は飲んでない

 

「お酒飲む飲む夢を見たときは、何時もより自分を変えたい願望が強い時だ」と思うようになったのです

 

専門病院を出た時見上げた青空が

 

何時もより余計に青く見えました

 

今日1日が良い1日となりますように

 

 

追伸

 

「普通に飲めたらなあ」と思うことはありますよ😁