アルコール依存症とAC

自分を過小評価しないで、また過大評価することなく、ありのままの自分を受け入れてくださいますように宜しくお願いします

アルコール依存症は完治しない?

 「完治しない」というのは何年断酒しても程々にお酒を飲むことができない病気だからです

 

少しでもお酒を口にすると、たちまち一番悪い時の状態に戻ってしまうからです

 

自らの手で再発してしまうおそれがあるからです

 

ただお酒を辞めていれば、健康的な生活を送れますので「回復する」ことはできます

 

他にメンタルの問題があるとそうはいきませんが

 

3年か5年いや10年以上も断酒してて再飲酒してしまった話は聞いたこともありますし、実際の現場でもそういう人達を見てきました

 

「そろそろ治ったかもしれない」

 

「ひょっとしたら少しくらいなら飲めるかもないぞ」

 

とお酒を口にしてしまった人やストレスやメンタルの問題が悪化して飲んでしまった人…

 

正直驚かされました

 

「そんなことがあるんだ」

 

僕は飲まないで元気でいる先輩達よりも、何年も断酒したのに再飲酒してしまった人達に関心を寄せてます

 

自分にもそのような時期が何時訪れるのか、同じような問題がないかと

 

自分の問題として真摯に受け止めています

 

人間は「忘れる生き物」です

 

過去の辛かった体験や申し訳なかった気持ちが何年もすると吹き飛んでしまうことはあります

 

だから体験談は風化させてはいけないのです

 

断酒に達人はいません

 

成功もありませんし、断酒に貯金もありません

 

明日のことは誰にも分からないのです

 

それは人間の叡智を持ってしても

 

だから「今日1日」なのです

 

自己を厳しく見つめ、日々の自己点検を怠らないように心掛けます

 

今日1日お酒を飲まなかったことに感謝しています