アルコール依存症とAC

自分を過小評価しないで、また過大評価することなく、ありのままの自分を受け入れてくださいますように宜しくお願いします

アルコール依存症 否認と無条件降伏

人は不都合なことは認めたくありません

不都合とは、「アル中」とレッテルを貼られる嫌悪感、世間から疎外される孤立感、酒を飲めなくなるという脅えが根底にあります

「否認」は自分を脅かすものから身を守ろうとする心の構え

アルコール依存症と認めないのではなく、認めたくないのです

じゃあ飲みつづけるしかないのです

アルコール依存症」ではないのですから、飲み方に何も問題がないことになり、断酒する理由がありません

しかし、問題が更に深刻化し、やがて底をついて、アルコール依存症と認めざるを得ない日まで、飲みつづけるしかないのです

「酒をコントロールできない」と認めることです

酒に対して無条件降伏することです

「やめないと離婚(解雇)するぞ!」
といった他からの説得や強要ではなく、自分で納得して認めることが大切です

医師の告知、依存症と認めている人との共通体験、招いた結果の重大さ等が、認める契機となるのです

アルコールに対して無力であると認めたときに、アルコールからの解放があるのだと思います