アルコール依存症とAC

自分を過小評価しないで、また過大評価することなく、ありのままの自分を受け入れてくださいますように宜しくお願いします

郷に入っては郷に従え

お疲れ様した。

現場に経験者の男の人が入ってきました。
もう二ヶ月になりますが、戸惑いと憤りを感じているのが分かります。

現場に入ってきた初日に、僕の仕事振りを後ろから見てて、「俺のとやり方が違う。そのやり方は間違っている」と皆の見ている前でケチをつけてきました。

僕はこの清掃の仕事足掛け20年近くしてます。
今はそんな高いプライドを持って仕事をしているとは思ってはいません。
バイトの人達と仲良く仕事に取り組んでます。
でもいきなり自分の仕事を否定されました。
僕はこれでも現場の責任者です。
他の人の手前があります。
一瞬、目がピクンと動きましたが、ここは冷静に判断して一旦作業を止めて、彼を別の場所に連れて行きました。

僕も酒の問題があって清掃の会社を転々としました。
ただ一番最初に勤めた会社は「とにかく丁寧に、綺麗に」がモットーなのでしっかりとスキルを身につけました。

何処の会社に移っても腕に自信がありましたが、他の会社はスピード重視の方針が多くて、若い人の速さに着いていくのが精一杯でした。

「自分のやり方を根底から変えないとついていけない」
「しかし、納得いかんな。これじゃ誰だって出来るじゃん。速ければいいってもんじゃな」
と何時も自分の中で葛藤がありました。

時には責任者や役員、社長に食ってかかったこともありました。

彼の姿を見ていると若い頃の自分を思い出しました。

今は最初に勤めた会社にひとり親方として働かせて頂いてます。
会社の方針は「とにかく丁寧に」です。

彼には彼のやり方があるが、それは否定はしない。
僕は会社の方針に従って仕事をしてますので、否定しないで欲しい。
清掃の仕事でも会社によっては全く違うこともある。
僕も経験してきた。
だから貴方の気持ちはよく分かる。
貴方の良さは今後参考とさせて頂きます。
だいたいこのように彼に淡々と説明しましたが、その日は憮然とした表情で帰りました。

それから2ヶ月経ちました。
今日も一緒に仕事をして僕自身は彼のお陰で助かってますが、まだまだ腑に落ちない様子です。

ひよっとしたら辞めるかもしれません。

これだけはハッキリと言いました。
「チームを組んでやっているのだから、それなりのマニュアルがある。増して新しく入ってきた人が皆教え方が違って困ると言われたら、貴方どうします?」と。


後は彼次第です。
僕の問題ではありません。