アルコール依存症とAC

自分を過小評価しないで、また過大評価することなく、ありのままの自分を受け入れてくださいますように宜しくお願いします

「新生」

「新生」という言葉は好きです

 

断酒とは「生き方」であり、「新しく生まれる」ことだと思います

 

「飲んでいた時の自分は死んだのだ。そして新しく生まれ変わったんだ」と何時も自分に言い聞かせています

 

しかし、新しい自分を手に入れるのには

 

古い自分を手放さなけばなりません

 

自分の酒が手に負えないと気づいた時には

 

もうアル中になっていました

 

ただ単に「飲み過ぎ」が原因ではなく

 

自分自身の生き方に問題があったのです

 

感情の不安定の原因が何なのかを探ることなく

 

その不安定な感情を鎮める為にアルコールを使用してました

 

はじめは飲酒を手段としていたのが

 

やがて飲むことが目的となり

 

人格が色あせ

 

何もかもが悪い方向に向かい

 

苦しんでとうとう身動きできなくなった時に

 

自分の意志ではどうすることもできなく

 

心の底から助けを求めて「謙虚さ」を身につけた時

 

「新しく生まれる」のだと思います

 

人生の挫折を経験しました

 

しかし、その挫折を真剣に受け止めたからこそ

 

今の自分があるのです

 

人生はいくらでもやり直せる

 

人間は「過ち」の繰り返しだと思います

 

「過ち」から何かを学ぶことが

 

前向きな人生である

 

どうかこれからも試練を与えてくださいますように

恐れていたことが起きました

こんばんは

 

今日1日飲まないで過ごせました

 

ありがとうございます

 

今日は仕事OFFで、依頼されたハウスクリーニングの下見と見積もりに行ってきました

 

ハウスクリーニングと言っても、通常のクリーニングとは違い、一般の人の手の届かない掃除やどうしても落ちない所を薬品等を使って落とす仕事がメインです

 

2階の窓の外側とか台所のひつこい油汚れ、浴槽やトイレのカビ落とし、エアコンクリーニング等の特殊清掃に限ります

 

例外では、高齢者で普段の清掃もできない場合は、特別にします

 

一軒だけ、「娘の部屋の掃除をしてほしい」と頼まれました

 

頼まれた時に、「通常の部屋の片付け」は請けないことにしていると念を押したのですが

 

どうしてもと言うので、今日下見に行ってきました

 

二世帯住宅でかなり大きな家でした

 

娘さんの部屋を案内されてドアを開けてみたら

 

思っていた通り、とんでもなく散らかっていました

 

直ぐにドアを閉めました

 

以前にも同じケースがあったのです

 

その時は「仕方ないなあ」と片付けしてたのですが、

 

片付けしているゴミの中に見てはいけない物を見てしまったのです

 

その時の部屋の持ち主の神経を疑ってしまう程呆れ果てた

 

もう本人が住んでいる部屋の片付けはしないことにしよう

 

他の人は仕事として割り切れるのでしょうかね

 

うんこ塗れのトイレや居酒屋さんのゲロ吐き場は素手でも平気でやります

 

これだけは、絶対に譲れない

 

お金を頂けるからと言っても、しないことはある

 

建築現場で他の職人にこんなことを言われたことがあります

 

「クリーニングの仕事なんて誰にでも出来るんじゃねーの」

 

その時は、顔真っ赤にして怒り、「だったらあんたがやれば」

 

とヘルメットを外して道具を職人に渡してその持ち場を去りました

 

掃除の仕事を馬鹿にする人はいるのです

 

そうなると、ふてくされてお酒を煽ってました

 

プライドが高いのか、自分の仕事に誇りを持ってないのか

 

そこら辺は自分でもよく分かりません

 

三菱の創始者、岩崎氏は

 

「お金に頭を下げる」と聞いたことがあります

 

自分には出来ない

 

それって「ただ単に守銭奴じゃないの」

 

と思ったりします

 

酒辞めてからは、事情はどうあれ他の人と喧嘩しても自分が損するだけと喧嘩はなくなりました

 

トラブルが起こったら

 

「自分の側に何か問題はないのか」

 

「もしないなら、許してあげよう」

 

とスポットチェックの棚卸しを思い出すのです

 

 

最中ネットで片付けできない心の障害があると見たことがあるので

 

今回は親御さんに聞いてみました

 

別に病気はなく、子供の頃から部屋の片付けや家事洗濯が出来ないらしいです

 

「だからそこに障害があるのではないかと…」

 

それ以上の詮索は止めて

 

何だか娘さんの許可も得てないらしいので

 

断ってきました

 

恐らく「部屋の掃除は誰にでもできる」

 

と自分で絶対視している

 

掃除にランクをつけて自分はその上にいる

 

と偉ぶっているのでしょう

 

それでも今の段階では断って良かったと思う

 

 

おやすみなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちでできることはやるべきです

 

最近ネットで、片付けできない心の障害があると見たことがあるので

 

お母さんにそこら辺の事情を聞いたのですが

 

 

 

 

 

 

 

何だか娘さんの許可を得てないらしく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埋め合わせ

おはようございます

 

新しい恵みの朝をありがとうございます

 

先週から始めた剪定の仕事が大好評です

 

個人で安く請けているのが魅力なんでしょうね

 

他の自治会や個人宅からも依頼がきたのです

 

しかも、本業が清掃というのを聞きつけて

 

ハウスクリーニングの依頼も5件頂きました

 

その依頼主には、かつての飲み友達もいます

 

その人も糖尿病になってお酒を辞めたのです

 

何とも嬉しい限りです

 

実はこの町を出て行こうと思ってた時期がありました

 

近所の人達からは、「アル中、アル中」と馬鹿にされたり、白い目で見られ肩身の狭い思いでした

 

 

しかも、飲み友達のアル中にまで「俺はお宅程酷くない。仕事もしているし、家庭も持っている」

 

「自分に甘くないか」

 

と煙草を吸いながら説教されてことが何度もありました

 

お酒辞めた今、この町には未練はないし

 

どこかの町にひとりで引っ越してやり直そうと…

 

でも、母の癌が発覚し、死を覚悟した母から

 

「お父さんのこと宜しく頼みますよ」

 

と頼まれたことと

 

自分がいなくなったら、父の酒は酷くなると

 

自分がいなくなったら、父と兄は駄目になるかもしれない…

 

だから出て行けなくなってしまったからです

 

でも今思うと

 

出て行かなくて良かったと

 

近所の人達との関係も修復されてきていると

 

家族や近所の人達との「埋め合わせ」ができてきた

 

この剪定の仕事をして思うようになった

 

ひょっとしたら「母の死」が埋め合わせをしなさい

 

と教えてくれたのかもしれません

 

今日1日が良い1日となりますように

アダルトチュルドレン(AC)

こんばんは

 

今日1日お酒なしで無事に過ごせました

 

ありがとうございます

 

夜にブログを書くのは久し振りです

 

何時もは朝起きて書く習慣がついてます

 

「朝起きて最初に思うことが本音である」

 

と心理学の本に書いてあったのが切っ掛けです

 

夜は仕事の疲れもあって、頭の中で「1日の棚卸し」をして寝ることにしてますので…

 

ところで、お酒に纏わる問題や現在の心の変化ばかりを書き留めてましたが

 

今までACについて殆ど語ってませんでした(過去の家庭環境)

 

アルコール関係やACの自助グループでは頻繁に語ってきたせいもあるのでしょう

 

徹底的にACに関しての自己分析をしてきました

 

だからこのブログで書く必要もないと思ってました

 

でも、プロフィールにはACと紹介してあるので

 

そろそろ書こうかなあと思ってます

 

僕は文章にするのは、自分でも言うのもあれですが

 

ハッキリ言って、下手くそです

 

ミィーテングや例会ではそうでもないのですがね

 

おかげさまで30分くらいは話せます

 

昨日、一年振りにある人のブログを読みました

 

凄い表現力豊かな文章で書いてあるです

 

ユーザーの名は書きませんが

 

その人に嫉妬してしまったのです

 

その後に「見なければ良かった」

 

と(ウサギと亀)の話を思い出して

 

「ヤッパリ俺は亀の生き方をしている」

 

と自分のACの特徴を思い出しました

 

「自分に自信がないから、自分より優れている人や、自分に持っていないものを持っている人のようになりたい」

 

と自分の能力を超えて相手と張り合おうとしてしまう

 

だから亀はウサギと陸地で勝負したのです

 

その話は長くなりそうなので、また次の機会にして…

 

あっ、もうそろそろ寝る時間です

 

親がアル中だと子供もアル中になる確率は50%らしいです

 

かなり高い確率ですよね

 

何故そうなのかは不明の部分もあり、研究の余地もおりますが

 

僕がアル中の父をどう見てきたのかを

 

何時か書こうかと思います

 

では、おやすみなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「素面三年正気五年」

おはようございます

 

新しい恵みの朝をありがとうございます

 

今年は空梅雨のせいなのか

 

まだ扇風機すらも使ってないのです

 

年々、エアコンや扇風機の利用頻度が減少しています

 

月々の電気料金は見てますから分かります

 

お酒を辞めた影響であると

 

体からアルコールが抜け、段々正気になってきていると

 

確信を持ってます

 

お酒辞めた父や兄もまだ扇風機は使ってません

 

嬉しい限りです

 

僕と父はもともと汗っかきですが

 

その後に水分を摂るだけで、汗がひいていくのが分かります

 

汗のかき方も変わってきました

 

汗っかきというのは、余計な神経やエネルギーを消耗するところから汗が出るのです

 

頑張り過ぎたり、焦ったりすると汗が出ます

 

冷や汗もそうですが、神経過敏症の人が多いです

 

最近の汗は、ただ単に暑さや肉体労働から出る汗に変わってきてるのが分かります

 

「焦らずに、冷静になってきてるな」

 

と自分を褒め、家族も褒めてます

 

光熱費は飲んでいた頃よりも、半分になりました

 

勿論、日頃から節約を心掛けてますから

 

今日はもっと良い1日が期待できそうです

 

 素面とは、アルコールが体から完全に抜けること「体の健康」

 

正気とは「心の健康」

 

アルコール依存症の回復には「心の松葉杖」が必要

おはようございます

 

新しい恵みの朝をありがとうございます

 

僕らアル中は、アルコールという「松葉杖」に支えられて生き延びてきました

 

お酒を辞めようと、アルコールを排除しただけでは

 

「松葉杖」を失った状態なので

 

今まで目を背けてきた「生きづらさ」に直前して

 

身動きできなくなるだけなのです

 

アルコール依存症は心の病です

 

回復とは、物の排除ではなく、「人や心」の支援なのです

 

そう、「心の松葉杖」が必要なのです

 

その「心の松葉杖」を自分で探って見つけ出すことが

 

より良い生き方となると僕は信じてます

 

今日1日が良い1日となりますように

最初の一杯に手を出さない“今日1日”

おはようございます

 

新しい恵みの朝をありがとうございます

 

 

 

「今日1日」最初の一杯に手を出さないことです

 

「最初の一杯がなければ、二杯目三杯目はありません」

 

勿論、最初の一杯がなければボトル一本もありません

 

明日・来週そして来年について心配する必要はありません

 

現在だけに生きるのです

 

「今日という日に生きるのです」

 

昨日は過ぎてしまったこと、更に明日についても、何もできないことを受け入れなければなりません

 

しかし、もし今日良い1日であれば

 

明日はもっと良い日が期待できるのです

 

僕らアル中には、より良い生き方と破壊の間には

 

お酒しかないのです

 

それで朝「今日は飲みません」と言って

 

その日を飲まない1日にすれば

 

明日もう一度「今日も飲みません」

 

と言えるチャンスがあるのです

 

何故「今日1日」なのか

 

僕らアル中は、過去の生活を振り返ったり、罪悪感や自己嫌悪・良心の呵責そして、将来への不安は

 

何もできなくさせてしまうのです

 

しかし、「今日1日」を精一杯生きる人は

 

罪悪感などの自分を縛りつけているものを

 

「責任感」に置き換えることができるのです

 

今日1日が良い1日となりますように